ユーロンならではの、上質のおもてなしを

当メゾン・ド・ユーロンは、
ヌーベルシノワの先駆けとも言える中国料理店として、
1995年にオープン致しました。
2008年新体制での再スタートとともに、
料理長として再び腕をふるっております。
厳選した旬の食材をお客さまの五感でご堪能いただきたい…。
ただただ、その気持ちのもとに日々精進を重ねてまいりました。
おかげさまで「ミシュランガイド東京 2010」「ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉2011」では、
2年連続で星を獲得することができました。
赤坂の喧騒を離れた閑静な場所に位置する、ゆったりとした空間で、
都内で唯一ここでしか味わうことのできない「遊龍特製フカヒレの姿煮」ほか、
「食の都」上海で育まれた、華やかな料理の数々をお召し上がりいただけます。

イメージ
料理長 阿部淳一 AbeJunichi
プロフィール

1964年東京生まれ。「東京會舘」を経て、「東京上海錦江飯店」で中国料理の知識と技術を習得、青山「オーセ・ボヌール」にて研鑽を積む。「オーセ・ボヌール」時代から「炒めの達人」と評価され注目される。1995年 「メゾン・ド・ユーロン」開店に伴い、シェフに就任。その後独立し「A-Jun」を立ちあげる。2008年店舗リニューアルに伴い、再度「メゾン・ド・ユーロン」に招かれ、現在に至る。



PageTop